ブログ

【レポ】真由美さんメンタルダイエットセッション。思い込みに気付く。

こんにちは。さおりです。

 

先日、
朝活仲間の中村真由美さんの
メンタルダイエットセッションを受けましたー!

真由美さんのメンタルダイエットのHPは▶こちら◀
まゆみさんのアメブロは▶こちら◀

 

お題はダイエットではなく、お金のこと!
真由美さんがどんどん深掘ってくれるんです。

今回は、そのときの気付きのシェア。
着地はお金よりも根本的な部分に着地しました(^o^)

目次

小さい頃からの思い込み

わたしがすごく感じたのは、


小さい頃につくった思い込みを
ずっと採用していたなーってこと。



例えばわたしは、
幼いころから、

「自分が必死に頑張っている姿を
人に見せるのはなんか恥ずかしい」


「人には「デキる自分」を見せたい」
という思いがありました。



こんな思い込みがあったので、
陰で努力はめちゃしてました\(^o^)/
発表前は暗記するくらい練習したり、
マラソン大会前は毎日走る練習したり。



でもその根底には、ちょっと厄介な、

「まっさらな
ありのままの何もできない自分には価値が無い」


という思い込み。


要は「自分に自信がない」ってこと。


「自己肯定感が低い」
というやつです/(^o^)\



これを読んでいるあなたも、
小さい頃から当たり前に採用している思い込みがあるはず。

それは良くも悪くも。

わたしと同じように、
「自分には価値がない」という思い込みだったり、

「わがままを言ってはいけない」だったり、
「お金持ちは悪い人だ」とかとか。

思い込みは単なる勝手な思い込み

思い込みは、
小さい頃の教育や環境、
人間関係でつくられます。



わたしの場合は、
「ありのままの何もない自分には価値が無い」
というちょっと厄介な思い込みがありましたが、


でも、ビジネスをしている今は、

「できない自分」
「ありのままの自分」
「もがいている自分」をさらけ出すことが

今後同じようにビジネスをしたい!
っていう人の参考や勇気
にもなったりする。


そういう意味では
ポンコツな姿に
すごく価値がある
んですよね。


わたしが採用していた思い込みは、

自分が勝手につくりだした思い込みで、

大人になった今は
むしろその逆に価値がある。


思い込みは自由に手離せる

今の自分で、
何か物事がうまくいかなかったり苦しいなとか、
やりにくいなと感じた時は、

自分を縛っている思い込みに気づくチャンス。


「べき」とか、「ねば」が隠れてるかも。



わたしの場合は、
「人前ではできる自分を見せるべきでした。


その思い込みに気づいた時、
潜在意識にあったものが、
顕在化したときに思い込みは手離せます。



幼いころは、
その思い込みに支配されるのは仕方がないとして、

大人になった今は、
その思い込みを採用するかしないかは選べます。



どんな人生を創りたいか。
すべては自分で選んでいること。



すべては自分次第。
あなた次第。




今の自分に不都合な小さい頃からの思い込み。

一つ一つ外して、解放してあげましょう。

大人になった今ならそれが自由にできる。

あなたもわたしも本来は自由。

どんなあなたにだってなれる\(^o^)/


ということを真由美さんのセッションで、
改めて気づくことができました。

感謝!