ブログ

ストレスからの甘いもの・炭水化物食べ過ぎをやめたい!精神論ではなく、セロトニンから考える。

こんにちは。さおりです\(^o^)/

 

ストレスやイライラで、

ついつい甘いものに手が伸びる。

 

これは、意志が弱いのではなくて、

原因のひとつとして、

「セロトニン」というホルモンが関係しています。

目次

セロトニンとは

別名、「幸せホルモン」と呼ばれる、

自己肯定感幸福感を高めて、

精神を安定させる神経伝達物質。



赤身肉や赤身魚、

大豆製品などに多く含まれる、

「トリプトファン」という、

アミノ酸を原料にして合成されます。



トリプトファンは体内で合成されないため、

食事から摂る必要がある

「必須アミノ酸」です。



セロトニンは、

ストレスや睡眠不足、

不規則な生活で減少します。





流れとしては、


ストレスがかかる

副腎皮質からストレスホルモンと呼ばれる
「コルチゾール」が分泌

コルチゾールにより、
脳内のセロトニン分泌が抑制

セロトニンが脳で不足。


という流れ。

脳が甘いものや炭水化物を欲する理由

甘いものを食べると、

幸せな気分になりますよね\(^o^)/




脳は砂糖の甘味を感じると、

「エンドルフィン」「セロトニン」という物質を分泌。



この2つの物質が、

脳に幸福感を感じさせ

一時、ストレスを解消してくれます。





甘いものを食べるだけで、

セロトニンが分泌され、

幸せを感じることができるので、


ストレス解消に「食べること」というのは、

とてもお手軽な方法といえます。




また、体の仕組みからも、

トリプトファンが脳に運ばれ、

セロトニンになるには、ブドウ糖が必要。




ブドウ糖というのは、

炭水化物や甘いものを分解した最小単位。



ブドウ糖を摂取したときに分泌されるインスリンによって、

トリプトファンが脳に運ばれ、

セロトニンの分泌が促進されます。





つまり、

人間の体は自然と、炭水化物や甘いものを

欲する仕組み
になっています。



さらに、この「インスリン」は、

血中のアミノ酸を筋肉などに取り込み、

「体内でタンパク質をつくる」という働きも。




インスリンが分泌されると、

血中にあるバリン、ロイシン、

イソロイシンなどの長鎖中性アミノ酸は、

筋肉に運ばれ、アミノ酸の血中濃度が低下。




相対的に濃度が増したトリプトファンが

脳に運ばれやすくなり、

セロトニンの分泌が促進。



幸福感や満足感が増します。



炭水化物(甘いもの)は、
セロトニン生成には必要といえます。

セロトニンを増やすためには

体の仕組みとして、

ストレスやイライラを感じたときに、

甘いものを欲してしまうのは

仕方がない
ところもありますが、

甘いものでの幸福感は一時的。




また甘いものでのストレス解消は、

血糖値の乱高下や肥満を招き、

結果、健康を阻害してしまう可能性も。




セロトニンを増やす方法6つ

1.朝日を浴びる

2.リズミカルな運動をする
(ウォーキング、自転車、階段昇降、咀嚼など)

3.トリプトファンを含む食材を摂る

(肉類、赤身魚、バナナ、納豆、アーモンドなど)

4.ビタミンB6、ビタミンCを摂る

(トリプトファンをセロトニンに変換するのに必要な栄養素)

5.意識的に深い呼吸をする(深呼吸、ヨガ、座禅など)

6.規則正しい生活をする

最後に

甘いものがやめられないのは

精神力が弱いのではなく、

セロトニン不足が原因の一つ。




甘いものを食べて、
「一時的な幸福感」と「体への害」をとるか、

「本質的な健康と幸福感」をとるか。



甘いもの以外でも

セロトニンを活性化させる方法は

たくさんあります^^




セロトニンを上手に活用して、

日々の質を高めていきましょう^^