ファスティング

化粧品やエステでは、 本質的な肌荒れ改善はできない理由

 

長年肌荒れ、肌トラブルにお悩みの方へ。

化粧品やエステでも、
自分の肌に納得いかずお悩みの方へ。

5年、10年、
自身のお肌に悩み続けている方に向けて…

 

私自身の悩みでもあったので、
とてもわかります。

今回はそんなお悩みの方に、


化粧品やエステでは、
本質的な肌荒れ改善はできない理由

をお肌の仕組みからお伝えしますね。

目次

①化粧品が届くのはあくまでも角質層まで

まずは私たちが日頃使っている化粧品と、
お肌について。

私たちが使っている市販の化粧品は
薬機法という法律で管理されています。


その薬機法で、

「化粧品成分の浸透は肌の1番表面の部分」

「角質層」までと決められているんです。

角質層というのは、下図からわかるように、
1番外側の部分。




角質層というのは、
基底細胞から肌が作られ、
最終的に肌が育ちきった 死細胞・最終形の部分で、
あとは 剥がれ落ちるだけの部分なんです。



そこにいくら良い成分が入った高級な化粧品を使っても、
本質的な肌改善に繋がらないのは当然。


また、肌の構造からも、

角質層には
細胞間脂質という肌バリアが備わっていて、
下位層には市販の化粧品の成分は届きません。

化粧品をつけて
「お肌、潤ってる!」と感じるのは、
肌表面の角質層に油分や水分が吸収されただけなのです。

②肌の本来の役割は排泄器官

人間には4大排泄器官と呼ばれているものがあり、
その4つとは、

「大腸」「腎臓」「肺」…、

そして、「皮膚」なんです。


大腸は「便」、
腎臓は「尿」、
肺は「呼吸」。
というのはなんとなくわかりますよね。


では皮膚は?というと、


汗、皮脂、垢などを常に排泄しており、
排泄器官の一つとして位置づけられています。


あくまでも肌は排泄器官であって、入れるところではなく、出すところなんです。

(もちろん、角質層にバリア機能である皮脂膜を補完するような最低限の保湿は大事です)

③肌は細胞からつくられる。

人間は細胞でできていて、
もちろんお肌も細胞でできています。

美しい素肌を取り戻すためには、
肌細胞がつくられる根本の場所に
アプローチしていく必要があります。



私たちが、
「綺麗な肌・トラブル肌」と判断している角質層は

最終の外側の部分で、
「基底細胞」というところからつくられています。

そして、この基底細胞からつくられるお肌の質を決めているのが、

その基底細胞の下にある「真皮層」という部分。

血管が走行していて、
表皮への酸素や栄養の補給を行います。


真皮の大部分は、「コラーゲン」という線維状のタンパク質が占めており、

その空間を「ヒアルロン酸」などのゼリー状の基質が
水分を抱えながら満たしています。

これに「エラスチン」という線維状のタンパク質も加わって、
肌に弾力を与えています。


これらの線維や基質を生成する細胞を、
「線維芽細胞(せんいがさいぼう)」といいます。



肌の元となるこの真皮層にアプローチすることが、
本質的な肌改善への鍵。


ここにアプローチできるの方法の一つに、
「ファスティング」があります。


ファスティングとお肌の関係は、
また改めて記事にしますね。

まとめ

肌を綺麗にするためには、
外側ではなく、
内側から整えるということ。

外側からいくら化粧品で栄養を与えても、
本質的な肌改善には繋がらないのです。

肌の仕組みから考えると納得できますよね。


あなたの肌は、
絶対に綺麗になります。


細胞は絶えず生まれ変わっているから。

でも、外側からいくらケアしても
良くならないということは…、


あとは、あなたの内側に
原因があるということ。


元となる細胞を元気にしていく必要があるんです。


外側からのケアだけではなく、
内側からのケアに本気で、
目を向けてみませんか?



綺麗な素肌にするのは、
化粧品では無く、あなたの"体"です。


体を整えていけば、
自然と美しい素肌を取り戻すことができます^^